agaは育毛クリニックで治療しよう!

agaと薄毛について

agaというのは、「男性型脱毛症(通称:若ハゲ)」のことで、遺伝的な原因(*2参照)から、男性ホルモン(*1参照)が毛髪に、過剰に働きかけることで、正しい毛周期(ヘアサイクル)が狂わされ、通常のサイクルよりも、短期間に脱毛してしまうものです。

 

思春期後の早い時期から発症し、日本人40代男性の、約3割に見られる一般的な症状です。

 

一般的なヘアサイクルは、「2年〜6年」あるのに対して、agaの人のヘアサイクルは、「0.5年〜1年程度」になるので、一般の人の1/4〜1/12に、短くなってしまいまうことから、毛髪が太く長くなる前に抜け落ちてしまうことを繰り返しています。

 

 

*1.の説明

男性ホルモンは、@プロゲステロン ⇒ Aアンドロステンジオン ⇒ Bテストステロン ⇒ Cジヒドロテストステロン(DHT)このように変換されて行き、最終段階のジヒドロテストステロン(DHT)が、毛周期(ヘアサイクル)に悪い影響を与えます。

 

*2.の説明
aga(若ハゲ)の遺伝的な原因とは、遺伝により受け継がれるDNAによって、*1のジヒドロテストステロン(DHT)を体内に取り込む「アンドロゲン受容体」が多い人と少ない人がいます。(つまり、個人差があります)

 

当然、ジヒドロテストステロン(DHT)の量が同じでも「アンドロゲン受容体」が多い人は薄毛になりやすく、少ない人は薄毛になりにくいことになります。

 

aga遺伝子検査は、この「アンドロゲン受容体遺伝子」の数を調べて、「薄毛になりやすいか」どうかを判定するものです。

 

 

aga治療は専門の育毛クリニックで

新しい髪は、毛母細胞が分裂することによって、生えてくるのですが、(毛母)細胞の中のDNAによって、一生涯の分裂回数が50回に制限されているため、agaの人は、発症の早い人で25歳くらいから、沢山の毛母細胞が、分裂不能になって、薄毛の状態になってしまいます。

 

aga治療は、毛母細胞の分裂回数に、まだ余力を残している内に、自分が「aga」かどうかの、検査を専門の育毛クリニックで受けて、早めに治療を開始する事が、最も重要です。

 

その検査は、血液や毛髪の、DNA配列を解析することで、aga(男性型脱毛症)の判定に加えて、aga治療薬(プロペシア等)が効くかどうかも、判定する検査です。

 

aga治療薬の、
フィナステリド(プロペシア)は、「Bテストステロン ⇒ Cジヒドロテストステロン(DHT)」への変換を防ぐ作用があります。
ケトコナゾールは、「@プロゲステロン ⇒ Aアンドロステンジオン」への変換を防ぐ作用があります。